配偶者ビザ、永住ビザ等のビザ申請、介護事業所開業│ 東京新宿の行政書士事務所それいゆ

配偶者ビザ、永住ビザ等のビザ申請、介護事業所開業│ 東京新宿の行政書士事務所それいゆ

【対応地域】関東甲信越(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、群馬県、栃木県、山梨県、長野県、新潟県)

03-6890-1142

電話受付時間 : 9:00~17:00 休業日:不定休

メール対応は24時間受け付けております。無料相談実施中

お問い合わせはこちら

配偶者ビザの認定(呼び寄せ)・変更・更新の申請でお悩みの方へ

目次

1 こんなことでお困りではありませんか?

  • 国際結婚をしたので、配偶者ビザ(結婚ビザ)の申請をして妻(夫)を日本へ呼び寄せたい
  • 日本人と結婚したので、配偶者ビザへ変更したい
  • 日本人と離婚した後、日本人と再婚した。配偶者ビザの更新はどうなるの?
  • 入管へ行く時間が取れない
  • 理由書の書き方がわからない    …等

在留資格:日本人の配偶者等
在留資格:永住者の配偶者等
配偶者ビザのことなら、お気軽にご相談ください。
お相手が永住者の方の場合も、日本の方とは書類が少し違いますが、配偶者ビザが申請できます。

お客様お1人お1人ご事情が違いますので、丁寧にお話をお聞きして、代表行政書士がしっかりと、わかりやすくお話させて頂きます。

2 ご注意ください!


外国人の方が、日本で暮らすには、その活動に合った法律で決められている在留資格(ビザ)の取得が必要です。

ご結婚の場合は配偶者の資格(配偶者ビザ、結婚ビザ)がありますが、この資格を申請する場合は、
偽装結婚ではないこと
日本で安定して生活ができること
を書面できちんと証明・説明をしなければなりません。

ただ、これを証明するというのは、とても難しいことでもあります。

証明のためには、
・お二人の写真(お付き合いしていたときのスナップ写真、ご結婚式等)
・結婚証明書
・戸籍謄本
・収入を証明するもの
などの証拠となるものを用意したり、決められたフォーマットで申請書類を用意しなければなりません。
もし、申請した書類では不十分だった場合は、追加の書類を求められます。
この追加書類の場合、提出期限が決められてしまいますので、それまでに書類を作成し、提出しなければなりません。

このように、専門的な知識をもった行政書士でなければ、証明がとても難しいものです。
万が一、配偶者ビザ(結婚ビザ)が取得できなかった場合、日本で生活することは望めなくなります。

こういったことにならないためにも、配偶者ビザ(結婚ビザ)に詳しい行政書士に相談することをお勧めいたします。

3 配偶者ビザ申請で失敗しないためには

配偶者ビザ申請のサービスは「どこに依頼しても同じ」というわけではありません。
行政書士の業務は、細かく分けるとその数10,000種類もあると言われています。
これだけの数の業務があるわけなので、当然、それぞれの行政書士の専門分野も異なってきます。

そのため、配偶者ビザの申請は、配偶者ビザに詳しい行政書士に依頼する必要があります。
なぜか?それは、配偶者ビザ(結婚ビザ)が取得できなかった場合、日本で生活することは望めず、家族が離れて暮らすことになります。

また、配偶者ビザは期限が決められています(短い期間で6月、それ以上では1年、3年、長くても5年)ので、更新の手続きが必要になります。これは必ずです。
もし更新の手続きを忘れてしまうと、オーバーステイとなり、日本で生活できなくなってしまいます。

配偶者ビザに詳しい行政書士であれば、配偶者ビザの認定(呼び寄せ)・変更申請はもちろん、許可後の更新についてもサポートしてくれます。

当事務所は、ビザ申請の中でも、配偶者ビザに力を入れており、上記のような
配偶者ビザの申請
許可後の更新のサポート
といったサービスを提供しています。

配偶者ビザ申請をお考えなら、ぜひご相談下さい。
03-6890-1142

4 私たちの特徴

(1)配偶者ビザ相談実績150件以上。代表の行政書士が直接対応します。

許可が下りにくい条件でも、当事務所で作成した書類で許可が下りました。

(2)書類作成から入管への提出まで、全てお任せください。

書類が不足していたり、間違っている等の理由で出直しになるケースを入国管理局でお見かけします。
時期によっては、非常に混み合っていますので、出直しを避けるためにも、専門家への相談は有効な手段です。私たちは、専門家としての知識と経験により、無駄なく作成が行えます。
また、配偶者ビザの場合は、審査を進めていく中で、追加書類を求められることも少なくありません。この処理を適切に行いませんと、審査に於きまして不利になる可能性もあります。
弊事務所の代表は、入国管理局より承認を受けている申請取次行政書士ですので、書類作成だけではなく、入国管理局への対応も可能であり、これらを適切に処理できますので、安心してお任せ下さい。

(3)ビザ申請だけではない!更新の3ヶ月前にご連絡差し上げます。

入国管理局ではビザの期限の3ヵ月前より更新の申請を受け付けています。
期限は非常に大事なことですので、忘れることはないと思います。しかし、大事なことは、慎重になり過ぎるくらいが、丁度よいと思います。
弊事務所では、電話、メール等で申請の時期をお知らせしております。

(4)出張相談実施中!許可がおりるかどうか?の可能性を診断できます。

許可が下りるポイントは、①法律で決められている資格に当てはまるか(資格該当性)、②資格の最低条件はクリアしているか(基準適合性)、③日本で生活する夫婦として相応しいか(相当性)の3点が重要です。
①②は入国管理局のホームページでもある程度判断が可能ですが、法律が変わった場合や③につきましては、入管業務の経験がなければ判断が難しいです。
弊事務所の代表は入管業務に精通していますので、安心してご相談下さい。
※新宿から半径100km以内へは無料出張を実施しています。

5 私たちのサービス内容と料金

下記のサービスには、配偶者ビザの認定・変更・更新申請に必要な手続きの全てが含まれています。
つまり、下記のサービスをご依頼頂ければ、必要な書類作成などは全て私たちにお任せ頂けて、手間なく配偶者ビザの手続を完了できる、ということです。

配偶者ビザ 料金(総額)
認定
(外国にお住まいのお相手を呼び寄せる場合)
100,000円

※万が一、許可を取得できなかった場合は、無料で再申請をお受け致します。
変更・再婚
(外国籍の方が日本で日本人・永住者とご結婚された場合)
80,000円

※万が一、許可を取得できなかった場合は、無料で再申請をお受け致します。
更新
(配偶者ビザで引き続き日本で暮らす場合)
50,000円

※万が一、許可を取得できなかった場合は、無料で再申請をお受け致します。

※上記金額には「印紙代等の実費」「必要経費」は含まれておりません。

サービス内容

1. コンサルティング、診断
2. 申請書・理由書等の必要書類作成(要望があれば、公的書類の取り寄せ)
3. 入国管理局への書類提出、必要に応じ提出後の補正対応
4. 申請後の入管対応
(追加書類・補正対応、在留カード受領、不許可の場合は不許可理由の確認)
5. 今後のアドバイス

また、「理由書作成だけ頼みたい」「追加書類の対応を頼みたい」等々のご要望にもお応えしております。

私たちは、お客様にとって最適なご提案をさせて頂いております。

6 サービスの流れ

(1)お問い合わせ


まずはお電話かメールでお問い合わせ下さい。
無料相談受付中!
03-6890-1142
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~17:00】【土日祝日も対応しております】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

(2)無料相談


直接お会いして、最適な方法をご提案いたします。

(3)ご契約

ご契約
全てにご納得頂きましたら、ご契約となります。

(4)業務開始


着手金のご入金が確認取れましたら、業務を開始致します。

(5)業務完了


許可が出ましたら、呼び寄せの場合は認定書のお渡し、変更、更新の場合は新しい在留カードの発行手続の処理を代行し、在留カードをお渡しして、業務完了となります。
残金は許可が出た時にお願いをしております。

7 事務所地図・アクセス

最寄り駅
【各線 新宿駅】西口より徒歩5分
【都営大江戸線 新宿西口駅】D5出口より徒歩1分
【西武新宿線 西武新宿駅】南口より徒歩5分

大きい地図はこちら

8 よくあるご質問

Q 実費、必要経費はどんなものがありますか?

実費、必要経費は原則お客様にご負担して頂きます。
実費には許可が出た場合の印紙代があります。
変更と更新はそれぞれ4,000円と決められています。
認定には印紙代は発生しません。簡易書留用の郵便切手代の392円が発生します。

必要経費は交通費になります。新宿より片道1000円を超えた場合は、超えた部分をお客様にご負担して頂きます。
ただし、有料道路または新幹線を使用する場合は別途ご負担して頂きます。

その他の費用につきましては、その都度お客様とお話の上、決定します。

Q 遠方なのですが対応してもらえますか

はい、対応致しておりますので、お心置きなくご相談をして下さい。
ご希望であれば、お客様のご指定される場所へ、お伺いすることも可能です。ただし、交通費をご負担して頂く場合があります。

Q 平日の昼間は相談に行く時間がとれないのですが

平日の夜間や土日祝日の対応も承っております。
まずは、お電話かメールでご希望の日時をお伝え下さい。

Qいつ相談へ行ったらいいですか?

ご夫婦が離れて暮らしていることは、色々な面で負担が大きいと思います。1日でも早く日本で暮らせる手続きをされることをお勧めします。
また、日本で暮らしている外国人の方は、ビザに期限があります。オーバーステイになってからでは手遅れですので、なるべく早く相談されることをお勧めします。
頼む頼まないはそれから考えても遅くはありません。
03-6890-1142
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

9 有資格者のご紹介

千島 孝之(ちしま たかし)

代表
私の支援は、ビザ申請の専門家として、ご夫婦が安心して幸せに日本で生活できるよう、お客様が望む結果をお返しできるよう日本で暮らしたい思いや情熱をしっかりと受け止めて、申請書類を作ることです。
相談料は頂いておりません。ぜひ一度お話をお聞かせ頂きますよう、お願い申し上げます。お客様に取りまして最適な診断・アドバイスを致します。

  • 保有資格 行政書士
  • 所属 東京都行政書士会新宿支部
  • 登録番号 第10080500号
  • その他 東京入国管理局長承認 入国在留審査関係 申請取次行政書士

10 最後に

先ほどもお伝えした通り、配偶者ビザ申請の手続きでは、
・偽装結婚ではないこと
・日本で安定して生活ができること
を書面できちんと証明・説明できなければなりません。

また、認定・変更後の更新の手続きも、忘れずに行う必要があります。
当事務所にご依頼いただくことで、配偶者ビザの申請はもちろん、その後の更新・永住申請の手続きも含めて、サポートさせて頂きます。

配偶者ビザでお困りであれば、今すぐご連絡ください。
最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました。

行政書士 千 島 孝 之
03-6890-1142
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


Return Top