配偶者ビザ、永住ビザ等のビザ申請、介護事業所開業│ 東京新宿の行政書士事務所それいゆ

配偶者ビザ、永住ビザ等のビザ申請、介護事業所開業│ 東京新宿の行政書士事務所それいゆ

【対応地域】関東甲信越(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、群馬県、栃木県、山梨県、長野県、新潟県)

03-6890-1142

電話受付時間 : 9:00~17:00 休業日:不定休

メール対応は24時間受け付けております。無料相談実施中

お問い合わせはこちら

『留学』ビザから『経営・管理』ビザへ変更~2~

【概要】

都内某有名私立大学の卒業を間近に控えた中国人男性からの相談です。

主な事業内容は、スマートフォンのゲームアプリを開発と中国国内へ向けての販売です。

商品、市場、対象、戦略等、事業計画に必要な要素は議論に議論を重ね、十分に備えられました。

【申請】

・事務所について
懸念したのが、法人本店所在地が自らの所有する2階建ての住まいであったことです。

許可の基準の要件の一つに住居と事務所の分離が挙げられていますので、通常は住まいと事務所は別の住所での申請を行います。
今回の場合、その要件を満たす方法として、1階を事務所に、2階を住まいにと完全に分離していることを写真、見取り図を添付し、説明をしました。

卒業式を間に挟み、合同会社設立の手続きに入ると同時に、それと並行してビザの申請書類を作成しました。卒業式の後、間もなくして登記が完了し、即、申請しました。

【結果】
申請から、1ヶ月半後に許可が下りました。

Return Top