配偶者ビザ、永住ビザ等のビザ申請、介護事業所開業│ 東京新宿の行政書士事務所それいゆ

配偶者ビザ、永住ビザ等のビザ申請、介護事業所開業│ 東京新宿の行政書士事務所それいゆ

【対応地域】関東甲信越(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、群馬県、栃木県、山梨県、長野県、新潟県)

03-6890-1142

電話受付時間 : 9:00~17:00 休業日:不定休

メール対応は24時間受け付けております。無料相談実施中

お問い合わせはこちら

帰化申請について

帰化とは元々の国籍から日本国籍(日本人)になることです。日本は二重に国籍は持てませんので、元々の国籍を失うことになります。永住との違いはこの日本人なるかどうかです。

また、書類の提出窓口も永住は入国管理局ですが、帰化は法務局になります。

帰化の申請には大きく7つの必要な条件があります。

1.住居は“引き続き5年以上”日本に住んでいることが条件です。(住居要件)

  以下に“引き続き5年以上”住んでいない例を挙げます。

   2年間 日本

   1年間 出国

   3年間 日本

トータルすれば5年間ですが、途中日本を離れている期間がありますので、引き続きにはなりません。

 

  そこで、1年間にどのくらい日本から出国していると“引き続き”にならないのか?

  この場合の目安は1回の日数がおおよそ3ヵ月以上かどうかのようです。

  そして、それまで の履歴は0になります。

   

 では、2ヶ月だったらどうなるのか?

 この場合は1年間の内、何度も繰り返して、合計150日以上になりますと、

 “引き続き”が認められなくなるようです。

 出張や出産等の理由でも認められない場合があるようです。

 また、5年以上住んでいても、3年以上就労していなと認められません。

 留学4年               

 就労2年

 合計6年ですが認められません。

※ですが、10年以上住んでいれば、1年以上の就労で認められます。

2.年齢が20歳以上であること。(能力要件)

  20歳になっていない人は両親と一緒でしたら可能です。

3.税金、年金をきちんと支払っていること。交通違反、前科がないこと。

  (素行要件)

4.一人暮らしの人は自分の収入で、家族と一緒に暮らしている人は家族の収入で生活に困らないお金があること。(生計要件)

 

5.今の国籍を失って、日本国籍になること。(喪失要件)

  日本は二重国籍を認めていません。

6.日本を破壊するような考えを持っていないこと。(思想要件)

7.日本語で話す、読む、書くができる。(日本語能力)

  

以上は、一般的な外国籍の方の場合です。日本人と結婚されている方等は緩くなる条件があります。

いつも有難うございます。

Return Top