配偶者ビザ、永住ビザ等のビザ申請、介護事業所開業│ 東京新宿の行政書士事務所それいゆ

配偶者ビザ、永住ビザ等のビザ申請、介護事業所開業│ 東京新宿の行政書士事務所それいゆ

【対応地域】関東甲信越(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、群馬県、栃木県、山梨県、長野県、新潟県)

03-6890-1142

電話受付時間 : 9:00~17:00 休業日:不定休

メール対応は24時間受け付けております。無料相談実施中

お問い合わせはこちら

在留資格日本人の配偶者等(配偶者ビザ)申請 婚姻が破綻し別居した場合

一般的に夫婦が別居に至るような間柄になってしまいましたら、婚姻が破綻しており離婚になるケースが多いと思われます。
例外的に諸事情(単身赴任、親の介護等)で夫婦が別居に同意している場合や、夫婦仲がうまくいってなくても別居をお互いが納得し、復縁に向けて努力をしている場合等があげられます。
このような婚姻が破綻している状況のご夫婦が、全て離婚届を提出するかと言いましたら、そうではないケースも見受けられます。そして、このケースで日本の方と外国の方との組み合わせになりますと、そこにはビザの問題も絡んできます。

民法752条に「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」とありますが、『お互い別々な住まいで、没交渉』といったケースで配偶者としての地位が認められるのでしょうか。そもそも、日本の方と結婚されたことによって、夫婦として日本での生活が許可されていますので、もし、配偶者として認められないのであれば、ビザの変更申請をしなければなりません。

学歴や経験、現在の職場での活動内容等で就労ビザへ変更できる要件が備わっていれば、その後の話は比較的容易です。
しかし、現実には変更できる要件が備わっていない方はいらっしゃいますし、個人で商売をされていても、経営ビザの要件を満たすことが難しい方もそうです。

定住者ビザへ変更するという手段もありますが、こちらの要件は法律上、事実上ともに離婚をしていることが前提になります。
お相手の日本人の方が行方不明といった特別な場合は、定住者ビザへの変更申請が認められるケースもありますが、法律上婚姻していて、お相手と交渉できる状況の場合は難しいと言えるでしょう。

ですので、婚姻が破綻していても、日本人の配偶者としての申請を入国管理局の方から指導されることが考えられますが、別居していることは明らかですので、その動機や経緯を説明しなければなりません。
非常に不安定な立場でありますので、その結果、期間が短くなったり、場合によっては不許可になる可能性もあることでしょう。
ご夫婦は同居をすることが肝要になってきます。


Return Top