配偶者ビザ、永住ビザ等のビザ申請、介護事業所開業│ 東京新宿の行政書士事務所それいゆ

配偶者ビザ、永住ビザ等のビザ申請、介護事業所開業│ 東京新宿の行政書士事務所それいゆ

【対応地域】関東甲信越(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、群馬県、栃木県、山梨県、長野県、新潟県)

03-6890-1142

電話受付時間 : 9:00~17:00 休業日:不定休

メール対応は24時間受け付けております。無料相談実施中

お問い合わせはこちら

在留資格 日本人の配偶者等(配偶者ビザ)申請 お相手が日本人の方 必要書類

外国人の方が日本人の方の配偶者(ご主人または奥様)である場合は、『日本人の配偶者等』(結婚ビザや配偶者ビザと呼ばれています)という在留資格の申請をします。
その申請で最低限必要になる書類ですが、入国管理局のホームページに依りますと、
1 お住まいが、本国を初めとする日本以外の外国人の方を、呼び寄せる場合
⇒在留資格認定証明書交付申請
 ① 在留資格認定証明書交付申請書     1通
   ※入国管理局で配布しております。また、入国管理局のホームページからもダウンロードできます。
 ② 写真 (縦4㎝×横3㎝) 1葉
   ※申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付けます。

 ③ 配偶者(日本人)の方の戸籍謄本 1通
   ※申請人(外国人)の方との婚姻事実の記載があるものです。婚姻事実の記載がない場合には、戸籍謄本に加え
    婚姻届出受理書を提出します。

   ※発行日から3ヵ月以内のものを提出します。
 ④ 外国人の方の国籍国から発行された結婚証明書 1通
   ※申請人(外国人)の方が韓国籍等の方で戸籍謄本が発行される場合には、お二方の婚姻が記載された、
    外国機関発行の戸籍謄本の提出でも差し支えありません。
 
 ⑤ 配偶者(日本人)の方の住民税の課税(又は非課税)証明書
              納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)
                                       各1通
   ※1月1日現在お住まいの市区町村の区役所・市役所・役場から発行されます。
    ※1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,
     いずれか一方でかまいません。
    ※入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,
     最寄りの地方入国管理官署に問い合わせが必要です。
    ※発行日から3か月以内のものを提出します。

 ⑥ 配偶者(日本人)の方の身元保証書 1通
   ※身元保証人には,日本に居住する配偶者(日本人)になっていただきます。
 ⑦ 配偶者(日本人)の方の世帯全員の記載のある住民票の写し 1通
   ※発行日から3ヵ月以内のものを提出します。
 ⑧ 質問書 1通
   入国管理局のこちらのページからダウンロードできます。
 ⑨ ご夫婦で一緒にはっきり映っているスナップ写真 2~3葉
 ⑩ 392円切手(簡易書留用)を貼り付けした返信用封筒 1通

2 すでに日本で生活をさている外国人の方で、現在の在留資格から変更される場合
⇒在留資格変更許可申請
 ① 在留資格変更許可申請書     1通
   ※入国管理局で配布しております。また、入国管理局のホームページからもダウンロードできます。
 ② 写真 (縦4㎝×横3㎝) 1葉
   ※申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付けます。

   ※16歳未満の方は,写真の提出は不要です。
 ③ 配偶者(日本人)の方の戸籍謄本 1通
   ※申請人(外国人)の方との婚姻事実の記載があるものです。婚姻事実の記載がない場合には、戸籍謄本に加え
    婚姻届出受理書を提出します。

   ※発行日から3ヵ月以内のものを提出します。
 ④ 外国人の方の国籍国から発行された結婚証明書 1通
   ※申請人(外国人)の方が韓国籍等の方で戸籍謄本が発行される場合には、お二方の婚姻が記載された、
    外国機関発行の戸籍謄本の提出でも差し支えありません。
 
 ⑤ 配偶者(日本人)の方の住民税の課税(又は非課税)証明書
              納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)
                                       各1通
   ※1月1日現在お住まいの市区町村の区役所・市役所・役場から発行されます。
    ※1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,
     いずれか一方でかまいません。
    ※入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,
     最寄りの地方入国管理官署に問い合わせが必要です。
    ※配偶者(日本人)の方が申請人の扶養を受けている場合等,4を提出できないときは,申請人(外国人)の
     方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)
     を提出します。
    ※発行日から3か月以内のものを提出します。

 ⑥ 配偶者(日本人)の方の身元保証書 1通
   ※身元保証人には,日本に居住する配偶者(日本人)になっていただきます。
 ⑦ 配偶者(日本人)の方の世帯全員のい記載のある住民票の写し 1通
   ※発行日から3ヵ月以内のものを提出します。
 ⑧ 質問書 1通
   入国管理局のこちらのページからダウンロードできます。
 ⑨ ご夫婦で一緒にはっきり映っているスナップ写真 2~3葉
 ⑩ パスポート 提示
 ⑪ 在留カード 提示

3 『日本人の配偶者等』の在留期間を更新する場合
⇒在留期間更新許可申請 1通
 ① 在留期間更新許可申請書     1通
   ※入国管理局で配布しております。また、入国管理局のホームページからもダウンロードできます。
 ② 写真 (縦4㎝×横3㎝) 1葉
   ※申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付けます。

   ※16歳未満の方は,写真の提出は不要です。
 ③ 配偶者(日本人)の方の戸籍謄本 1通
   ※発行日から3ヵ月以内のものを提出します。
 ④ 配偶者(日本人)の方の住民税の課税(又は非課税)証明書
              納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)
                                       各1通
   ※1月1日現在お住まいの市区町村の区役所・市役所・役場から発行されます。
    ※1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,
     いずれか一方でかまいません。
    ※入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,
     最寄りの地方入国管理官署に問い合わせが必要です。
    ※配偶者(日本人)の方が申請人の扶養を受けている場合等,4を提出できないときは,申請人(外国人)の
     方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)
     を提出します。
    ※発行日から3か月以内のものを提出します。

 ⑤ 配偶者(日本人)の方の身元保証書 1通
   ※身元保証人には,日本に居住する配偶者(日本人)になっていただきます。
 ⑥ 配偶者(日本人)の方の世帯全員の記載のある住民票の写し 1通
   ※発行日から3ヵ月以内のものを提出します。
 ⑦ パスポート 提示
 ⑧ 在留カード 提示
※外国語で作成されている書類につきましては、全て日本語に訳します。
以上です。

これらは、あくまで最低限の書類です。不足があったり、分かりづらい内容のものですと追加書類の提出を指示されます。

配偶者ビザの認定(呼び寄せ)・変更・更新の申請支援


Return Top