配偶者ビザ、永住ビザ等のビザ申請、介護事業所開業│ 東京新宿の行政書士事務所それいゆ

配偶者ビザ、永住ビザ等のビザ申請、介護事業所開業│ 東京新宿の行政書士事務所それいゆ

【対応地域】関東甲信越(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、群馬県、栃木県、山梨県、長野県、新潟県)

03-6890-1142

電話受付時間 : 9:00~17:00 休業日:不定休

メール対応は24時間受け付けております。無料相談実施中

お問い合わせはこちら

配偶者ビザ申請 離婚した場合

日本人と外国人が縁あって、国境を越えて結ばれましたが、その後、お互いが違う道を歩き出してしまうことがあります。出来ることなら、それぞれの幸せを願って終わりにしたいですね。

外国人の方が、幸せに暮らせるように、その後の安住の地として故郷へ帰ることを選ばれる方もいらっしゃると思いますし、引き続き日本で新しい道を歩き出す方もいらっしゃると思います。

ただ、日本に残る場合は解決しなければいけないのが、在留資格いわゆるビザの問題になるでしょう。

その問題の解決方法は、いくつかの可能性が考えられます。

・再婚をする  
  再婚の場合は更新の申請になります。ただし、現在のお相手の方を入国管理局へお知らせしなければなりませんので、必 要書類は変更と同じ物を用意しなければならないでしょう。また、女性の場合は、原則として6ヶ月間結婚できません。

・就職をする  
  就職の場合の就労ビザの許可の条件には、学歴や経験等があります。また、法律で認められているお仕事をしなけれ   ば、許可は下りないと考えられます。

・留学ビザ→就労ビザ  
  許可の条件に合うよう、大学に入り、卒業後就職をする方法も考えられます。

・会社を経営する
  会社を経営している方、会社の経営を始められる方は「経営・管理」ビザへ変更が考えられます。
 
では、このようなことが出来ない方は、帰国しなければならないのでしょうか。

・定住者ビザへ変更する
  いわゆる離婚定住です。これは、入国管理局の裁量により判断される部分が極めて大きく、特別な事情を有する場合のみ 許可される特殊な申請です。
  ですので、日本人の方との間に授かったお子様を扶養している場合は、可能性が高いと思われますが、必ず許可されるわ けではありません。ご夫婦の間にお子様がなく、更にはお二人が日本に3年も一緒に暮らしていないような場合は、認められ る可能性は低いと言えるでしょう。

ビザの変更や更新も重要事項ですが、変更があった場合は入国管理局へ、14日以内に届け出ることも忘れてはいけません。また、変更後正当な理由がなく6か月を過ぎても日本で暮らしていますと、ビザが取り消されることがありますので、注意が必要です。

配偶者ビザの認定(呼び寄せ)・変更・更新の申請をお考えの方へ

いつも有難うございます。


Return Top